20代で海外留学に飛び出すメリットとデメリットの解説

本記事の監修者のプロフィール
  • 海外留学を経験し、英語を話せるようになる
  • TOEICスコア840点
  • 外資系企業を3社経験
  • フリーランスとしていくつものウェブサイトを監修

「20代のうちに海外留学に飛び出すべきだろうか?」

「20代の海外留学のメリット、デメリットってなんだろう?」

本記事では、そんなお悩みを海外留学経験がある筆者が解決します。

気になる方はこのまま読み進めてみて下さい。

本記事はこんな方にオススメです
  • 20代のうちに海外留学を考えている
  • 20代の海外留学のメリット・デメリットについて知りたい
  • 20代のうちにできるだけたくさんの経験を積みたいと思っている
目次

結論:20代で海外留学に飛び出すべき!

20代で海外留学に飛び出すメリット

20代で海外留学に飛び出すメリットについて解説します。

メリット①:本当に使える英語力が身につく理由

メリット②:異文化を受け入れる柔軟性が身につく理由

メリット③:多様な人に触れることで価値観を広げることができる

20代で海外留学に飛び出すデメリット

デメリット①:キャリアの空白期間が出来る

デメリット②:費用が高額である

デメリット③:必ずしも英語がマスターできるとは限らない

筆者の体験談:カナダに海外留学しました

まとめ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

トラベラのアバター トラベラ トラキャリ運営者

【経歴】英語が話せないのに海外留学 ▶︎ MBA取得 ▶︎ 外資系企業2社勤務した後独立 ▶︎ 海外を飛び回りながら仕事 ▶︎ 外資系企業勤務(上海で生活) ▶︎ 「トラキャリ」を含む様々なブログを運営しています ●好きな国はカンボジア ● 「世界に飛び出そう」が合言葉

目次